fc2ブログ

JDBCとクラスパス

  • Posted by: servletmania
  • 2010-12-28 Tue 14:13:30
  • JDBC




SQLで作ったデータベースには、Javaを使ってアクセスすることができます。

JDBC(Java Database Connectivity)は、Javaからデータベース(RDB)にアクセスするためのAPIで、RDBを操作するためのクラスが用意されています。

まずは、サーブレットやJSPを使うWebアプリケーションではなく、main()メソッドのある通常のJavaからデータベースを操作していきましょう。

まず、eclipseでフォルダを作ります。

[siroto]
 └ [WEB-INF/src]
     └ [dbjava]      このフォルダを作る。

続いて、JDBCを利用するプログラムでは、Javaの実行時に、JDBCドライバをクラスパスに通す必要があります。HSQLDBのJDBCドライバは、HSQLDBを配置したディレクトリのlibにあるhsqldb.jarです。
  [Java_Work]→[hsqldb]→[lib]→hsqldb.jar

このjarファイルをWebアプリケーション[siroto]のWEB-INF/libにコピーします。

classpath1
コピー→貼り付けでOKです。

eclipseではさらに設定が必要です。

jarファイルを右クリック→ビルドパス→ビルドパスに追加
classpath2
クラスパスに追加されたファイルは、アイコンが瓶の形に変わり、表示位置も変わります。

クラスパスを解除するには、瓶のアイコンを右クリック→ビルドパス→ビルドパスから除去、を選択することでできます。
スポンサーサイト



タグ :

Return to page top

Comments:

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback:

TrackBack URL for this entry
http://servletmania.blog137.fc2.com/tb.php/31-5873e275
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR